投資主の皆様へ

利益超過分配金とは

利益超過分配とは、会計上の利益を超えて行う金銭の分配です。
J-REITは、減価償却費等を原資として、利益を超えた金銭を分配することが認められています。
減価償却費とは、会計上の費用ですが、実際に現金を支出するものではなく、減価償却費に相当する現金が社外に流出せず留保されることになります。
本投資法人の分配方針においては、一定のルールに従い、このように留保される金額の一部を投資主の皆様に還元するべく利益超過分配を行うこととしています。

利益超過分配金の税務課税上の取り扱いについての注意

  1. 投資主様の帳簿価額の減額金額は、利益超過分配金とは一致しません。
  2. 利益超過分配金の一部は課税対象となります。
  3. 上記①の帳簿価額の減額金額、上記②の課税額は、投資主様の取得価額によって異なります。

利益超過分配金は税務上、以下のイメージ図の通り、(1)と(2)の2つに分ける必要があります。

  1. 「みなし配当」(みなし配当の金額は、本投資法人から投資主の皆さまに毎期お送りする「利益超過分配金に関するご説明」の中でお知らせしています。)
  2. 「みなし譲渡」(みなし譲渡は、投資主様の取得価額に基づく計算により、譲渡原価と譲渡益に分かれます。)

以下のa.とc.が課税対象となり、b.により帳簿価額を減額します。

分配金 利益分配金 a. 配当課税対象
利益超過
分配金
(1)みなし配当
(2)みなし譲渡 譲渡原価 b. 課税対象外、帳簿価額を減額
譲渡損益 c. 譲渡益の場合、譲渡益課税対象

<ご参考:計算方法について>

※これらの計算や確定申告は、証券会社等の特定口座で投資されている場合には証券会社が行うため、投資主様ご自身で行う必要はありません。

①譲渡原価の計算

譲渡原価=投資主様それぞれの取得価額 × 純資産減少割合※(払戻し等割合)
(※純資産減少割合とは、資本の払戻しにより減少した資本剰余金の額が、投資法人の純資産(資産の帳簿価額 ー 負債の帳簿価額)に占める割合です。本投資法人から投資主の皆様に毎期お送りする「利益超過分配金に関するご説明」の中で、「払戻し等割合」としてお知らせしています。)

②取得価額の調整(減額)

修正後の取得価額 =投資主様それぞれの取得価額 - 譲渡原価の額
(※利益分配金の額がそのまま控除されるのではなく、上記①で計算した譲渡原価の額が控除されることにご注意ください。このため、この計算の結果、投資主様の取得価額(帳簿価額)が利益超過分配金の額以上に減額される場合があります。)

③譲渡損益の計算

譲渡損益=みなし譲渡- 譲渡原価
(※この計算により譲渡益が生じた場合には、特定口座を使用していない投資主様は確定申告が必要となります。)

具体例

利益分配金 1500円
利益超過分配金 300円(うち「みなし配当」 は0円)
純資産減少割合(払戻し等割合) 0.003

投資主Aさんの場合
(取得価額10万3000円)

①譲渡原価の計算
10万3000円×0.003=309円

②取得価額(帳簿価額)の調整
10万3000円-309円=10万2691円

③譲渡損益の計算
300円-309円=△9円
⇒9円は譲渡損扱いの資本の払戻しとなるため、
課税対象とはなりません

投資主Bさんの場合
(取得価額9万5000円)

①譲渡原価の計算
9万5000円×0.003=285円

②取得価額(帳簿価額)の調整
9万5000円-285円=9万4715円

③譲渡損益の計算
300円-285円=15円
⇒15円は譲渡益扱いの資本の払戻しとなるため、
課税対象となります

Page Top