伊藤忠グループについて

伊藤忠グループの使命

伊藤忠商事

ひとりの商人がいる。
そしてそこには、数限りない使命がある。

昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化しています。

従来、倉庫としての保管が主な機能であった物流不動産は、物流のさらなる効率化・多機能化が進む中で、求められる機能が多様化しており、事業者にとって「物流」は経営上の重要な戦略となってきています。

伊藤忠グループは多種多様な商流に携わる総合商社グループとして、物流を通じてお客様の経営戦略をはじめとした様々な課題解決を行うことを「使命」としてとらえています。

かかる使命を果たすことが、物流インフラを発展させ豊かな社会づくりに寄与すると伊藤忠グループは考えています。

不動産開発事業及び物流ソリューション事業の統合所管体制

伊藤忠商事の建設・物流部門では、不動産開発事業と物流ソリューション事業の両事業を同一部門で所管しています。伊藤忠グループは、不動産開発事業及び物流ソリューション事業の人材リソースを結集させることにより、物流不動産の用地仕入、開発、リーシング及び運用・管理を統合所管する体制を構築しています。

不動産・物流プラットフォーム

アセット・マネジメント事業の沿革

伊藤忠グループは、住宅特化型J-REIT(注1)最大級の資産規模を有するアドバンス・レジデンス投資法人のスポンサーも務めています。また、2004年度には他社に先駆けて物流不動産特化型私募ファンドを組成するなど、豊富なアセット・マネジメント事業の実績を有しており、このような実績により蓄積した運用ノウハウを本投資法人の運用においても活用します。

  • 「住宅特化型J-REIT」とは、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場している投資法人のうち、住宅を主たる投資対象とするものをいいます。以下同じです。

アセット・マネジメント事業の沿

Page Top