財務戦略

本投資法人は、保守的な財務運営を基本とし、成長に配慮してLTVコントロールを行うとともに、効率的なキャッシュマネジメントにより、投資主価値の向上を目指します。

保守的な財務運営

本投資法人は、メガバンクを中心としたバンクフォーメーションにより、安定的な財務基盤を構築します。将来の資産規模成長に配慮してコントロールしつつ、原則として平常時の運用において、40~50%のLTVで運用することとします。

詳細は「財務ハイライト」をご確認ください。

キャッシュマネジメント

本投資法人は、他の不動産資産との比較において、一般的に土地建物価格のうち建物価格の割合が高く、減価償却費割合が大きいという物流不動産の特性を踏まえ、効果的な資本的支出の実施、新規物件の取得資金への充当及び有利子負債の返済など、資金の有効活用に係る様々な選択肢について検討し投資主価値の最大化に努めます。

キャッシュマネジメント

  • 上記はあくまでもイメージであり、実際の利益超過分配と利益分配の比率等を示すものではありません。

Page Top