ご挨拶

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本投資法人は、投資主の皆様をはじめとした数多くのステークホルダーの皆様方のご支援を賜り、2018年9月7日に東京証券取引所不動産投資信託証券市場へ上場いたしました(銘柄略称:R-IAL、証券コード:3493)。

本投資法人は、経済活動における基幹インフラである物流不動産を主たる投資対象とし、中長期的な安定性の観点に立った保有資産の運営を行ってまいります。

物流不動産は、インターネット通販取引の伸張による関連業種の業容拡大などにより、引き続き底堅い需要が見込まれている一方、それらを取り巻く環境は大きく変化しています。品物の保管が主な機能であった物流不動産は、物流の多頻度、小ロット化が進む中で、その機能も高度化・多様化が求められており、事業者の皆様方にとって所謂「物流」は経営上の重要な戦略基盤となってきております。

本投資法人のスポンサーグループは、本投資法人保有資産の主要取扱荷物であるアパレルや食品など生活消費関連分野に特に強みを持ち、かつ、豊富な物流不動産開発及びリーシング実績を有する伊藤忠グループであり、資産運用業務は、伊藤忠リート・マネジメント株式会社が本投資法人規約に定める資産運用方針やその他規則に則って、鋭意行ってまいります。
 
本投資法人は、伊藤忠グループとの拡張的協働関係のもと、物件パイプライン・サポートやテナントリーシング・マネジメントなどの支援を受けて、着実な外部成長とその価値の向上に努めると共に、その社会的責任及び公共的使命を十分に認識し、コンプライアンス(法令遵守)体制の強化も引き続き図ってまいります。

本投資法人保有資産を利用する事業者の皆様方をはじめ、消費者及び地域社会などの様々なステークホルダーの皆様方との良好な関係を構築し、堅実な運営を行うことにより、投資主価値の最大化を目指して邁進してまいりますので、投資主の皆様におかれましては、長期にわたるご支援、ご鞭撻を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人
執行役員 

Page Top